アコムの返済はインターネットからも可能?返済について解説

アコムの借入金をインターネットから返済する方法

アコムのカードローンの返済方法には銀行口座からの引き落とし、提携ATMからの入金、店舗への持参、銀行振込など様々な方法がありますが、最も利便性の高いのは「Pay-easy(ペイジー)」と言うインターネット振込システムを利用した返済です。

 

パソコンやスマホなどの端末さえあれば、昼夜を問わず自宅や勤務先、旅先からでも自分の保有する銀行口座から返済ができる上、手数料が掛かりません。

 

夜中の処理であっても、返済日は当該日の扱いになります。

 

なお、口座引き落としも手数料が無料で、手間も掛からず便利ですが、約定返済だけで追加返済ができません。

 

インターネット返済の手順はまず、アコムの公式サイトにアクセスし、会員ページへログインします。

 

その際は、会員番号と暗証番号を入力することになりますが、会員番号は契約時に設定された会員番号、暗証番号はカードの暗証番号のことです。

 

ログイン後に、「インターネットでのご返済」を選択します。

 

すると、残債務合計、貸付金残高、利息、遅延損害金、無利息残高、ATM手数料、次回返済金額、次回返済期限の記入された表が表示されます。

 

確認した後、「次へ」を押します。また、同じような表が出ますが、約定返済額と最少返済額、利用明細表の送付先の項目が追記されています。このページで任意の返済額を入力し、「確認」ボタンを押します。

 

画面が金融機関選択のページに移ります。

 

アコムのインターネット返済で利用できるネットバンキングには三菱UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行などの都市銀行の他、全国各地の銀行、信用金庫、労働金庫などがあります。

 

ただ、みずほ銀行には対応しておらず、ネット専業銀行も楽天銀行しか利用できません。

 

なお、返済を行う銀行は登録銀行に限定されるわけではなく、例えば、登録銀行が三菱東京UFJ銀行であっても、横浜銀行から返済しても構いません。

 

金融機関を選択し「次へ進む」ボタンを押し、「振込実行」を押して完了です。

 

なお、返済した金融機関で記帳するとアコムの名前ではなく、PE/IN・DFACネツトフリコミと表記されます。

 

なお、インターネット返済のできる消費者金融はアコムの他にはプロミスとノーローンだけです。

 

ただ、プロミスの場合は対応できる銀行がメガバンク3行と楽天銀行、ジャパンネット銀行の5行しかありません。

 

インターネット返済はいつでも自由にできるため、お金に余裕のある時に積極的に行うと、利息が減少していきます。

 

ところで、ペイジーを利用する場合は事前に銀行とインターネットバンキングの契約をしておくことが必要です。

page top